未分類

資格取得後を見据えて

友人努力が実り介護資格試験に合格すれば、晴れてプロフェッショナルとして第一歩を踏み出す資格が与えられます。ですが、自身が新人として飛び込み、仕事を通じて経験値を積み重ねられる「職場」が見つからなければ、介護を必要とされる方々の力にはなれません。

介護を学べる専門学校の選択に際しては、就職先斡旋に関する実績や、どの程度のネットワークを有しているのかなど、卒業後の自身の歩みを想定した、明確なビジョンを見据えることが重要です。

極端な例になりますが、楽しく充実した介護専門学校の学生生活を過ごし、友人もたくさんできて、無事試験にも合格したとしても、それはまだゴールとは言えないのです。就職先が決まらないままに、ひとりの卒業生として放り出されてしまっては、通学に費やした時間と費用と労力が無意味になってしまいます。

このようなことにならないようにするために、各医療機関や介護施設など、多方面とのパイプと相互信頼関係を構築し、卒業生の就職実績を誇る専門学校を選択しましょう。そのような専門学校が介護士として厳しくも充実した人生を約束してくれるのです。現在候補に挙げられている専門学校の公的な配信情報や、名称が明記された各施設の情報など、より幅広く深い関連情報を収集し、卒業後のライフプランにマッチする専門学校を絞り込みましょう。