未分類

専門学校と介護資格

いわゆる偏差値や机上の論理、そして理論上の知識のみを習得し、何らかの資格を得て自身の武器とする生き方もあります。高学歴であることだけを目指す生き方も、人生におけるひとつの選択肢だと言えるでしょう。

ハートですが、実社会で何らかの職責を担う以上、多くのシチュエーションでは「実技」の修得が欠かせません。どれだけ専門的な知識に深くたけていようとも、それらをアウトプットできない、現場で活かせなければ、それは無用の長物と一刀両断されたとしても、悲しいかな文句は言えません。それが、第三者とのダイレクトなコミュニケーションを必要とする、広い意味での「接客業」となれば尚更ですし、昨今常に慢性的な人材不足がささやかれ、優れた人材が求められている介護の分野に携わるとなれば、「資格」取得後の「現場対応力」が最も重要だということは明らかでしょう。

少子高齢化や核家族化が加速度を増して久しい今日、介護資格は仕事を探す方々のみならず、要介護のご本人やご家族にとっても、その重要性は高まるばかりです。ですが「人の日常生活をサポートする」という高いハードルをクリアしなければいけないことから、簡単に取得できてはならない資格であるのも事実です。そこには確かな裏付けに基づく教育指導で学べる環境と、厳しい課題を克服し続け、それでも介護資格試験に合格したいとの「意志」を持つ人材が不可欠なのです。

こちらでは介護士を目指す多くの方々に、ぜひ少しでも早い段階で確認いただきたい、ご自身にとってベストな専門学校を選択するための基礎知識をお伝えします。

 

実習経験という財産